介護業界から転職してうっかり管理職になった男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込み、5年働いたけど、これからの人生をどうするべ?と思い、37歳3月に転職。運よくスムーズに再就職できたが…管理職になっちゃった・・・!?

いま本当に必要なモノってなんだろう。

今日を乗り越えるだけなら今のままでも良いとは思うが、明日という今日を越えていくための目標は欲しいよな。少数精鋭ってカッコいい気がするけど、その少数がちゃんと機能しあっていかないと、それぞれの自己満足的なスタンドプレイが積み重なって収集がつかなくなりそうで不安。いまはバランスが取れているか、アンバランスに気づいていない状態だろう。でも、このままは良くない。

 

個人的には、今いる場所でどう在りたいかってことにはすごく興味があって、「どうあるべきか」ということをすごく考えることはあるけど、今の場所を「どうしたい」とか「どうなってもらいたい」とかっていう願望はほぼ無いことに最近気が付いた。

 

なんとなく、現状の改善案みたいなものはイメージしているが、同僚のみなさんがそれを欲しているのかは謎だし、それを説いて共に頑張れるイメージもわいてこない。

 

これが「モチベが下がる」ってやつかって思ってる。

コンチクショウって気持ちはあるけど、フィールド違いだよなぁって思ってる。

会社に行くくらいなら、他にやりたいことがたくさんあるぜって思っちゃう。私はそもそも会社ってやつが合わないのかも?とすら思うようになっている。必要とされる人材で在り続けたいけど、このままの状態で在籍し続けるってのはなんか違う気がする。