読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

自分の老後が心配。

ども、37歳まだ介護職員ス。

介護職を辞めることに決めたからこそ、しっかりと仕事をしたいと思っているこの頃ですが、日々の『業務と言う名の作業』に追われてしまい、せめて利用者さんたちが怪我とか事故とかをしないようにするのが精一杯な毎日を送っています。
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか?

わたしが思う「ちゃんとした介護サービス」を提供できていない理由は、介護職員の人員不足だ。
規定の人数という名目らしいが、足りてない感ハンパない。そもそも、規定の基準ってどこに根拠があるのだろうか。利用者さんの状態によっては、1対1じゃなきゃダメなことだってあるのに…。

介護職の「商品」は介護サービスなのに、不良品しか提供できていないと思っている。食事、排泄、入浴の作業をするだけになってしまっている。
わたしなら、家族をココには頼まないし、間違っても友人に入職を進めない。

もし、家族が要介護状態になったとして(認知症も含む)、施設に入れずに済むにはどうすればいいのだろう。

もし、自分が要介護状態になったとして、施設に入れられずに済むにはどうすればいいのだろう。

具体的な策は思いつかないけど、家族に愛を注ぐのは最低条件のようだ。

では、また。