介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

ニワトリが先?たまごが先?

どちらかは分かりませんけど、仕事は結果が大切である。でも、それは結果でしかない。それをどう活かすのかが重要。

 
ども、36歳まだ介護職員ス。
 
昨日、夜勤明けだったので本日はお休みです。しかーし!ちょっとした用が発生し、職場に行かねばならない...orz.
 

求める結果が違うから働きにくい

最近、どういうわけか新規入所者が多い。施設としては、稼働率が上がるので有り難いことかもしれないけれど、わたしとしては職員数が足りていない現状においては、在籍している職員の疲弊を招くだけだと思う。業務をこなしていくことが精一杯で、『介護ってなに?』と感じています。はっきり言って、もう限界はきている。
 
施設の求める結果は、
利用者増だけなのだろう。
 
たしかに、施設を運営していくには収益を確保するためには必要なことだと思うけど、介護施設としてやるべき『介護』ができなくなっていると思っている。
 
「オマエらもっと頑張れ」と言われても、人間ひとりができることって限られているし、職員全員が同じ仕事量をこなせるわけじゃないし。20代の男性職員と、50代の女性職員を同じだと思わないでほしい。就業1年未満の新米と、15年以上のベテランを同じだと思わないでほしい。
 
しかし、新米もベテランも利用者さんたちの施設での暮らしが「いいもの」であってほしいと思う気持ちに差はないと思う。だから、「本当はこうあるべきだ」『もっと改善したい』という話は対等に行っていた。でもそれはもう過去の話。
 
このままでは、ちゃんとした介護を提供するなんて夢のような話
 
なにが大切なのか、しっかり考えてくれないと利用者も職員も離れていくと思う。
現に、わたしを含め数名の離職は決まっているのだから。
 

 では、また。

そろそろ、介護福祉士試験の勉強を始めなきゃね!