介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

これからのことを考えると憂うつ。

ども、36歳まだ介護職員ス。

わたしはいわゆる無党派層です。
とは言え、選挙権を得てから共産党以外に投票したことはありません。なぜなら、その他からは暮らしの匂いがしないからです。かと言って共産党員ではない。消去法でやると、そうなっちゃう。

とりあえず、記事を書く前に言っておきます。わたしは共産党員ではない。

f:id:GOYOUNG:20151108224527j:image

介護職を続けるか続けないか、そんなわたし自身の問題とは関係なく、生きている以上、介護とは関わらなきゃいけないと思っている。

単純に今後、何事もなければ、少なくとも自分の母親や、妻の両親の介護をすることにはなるだろう。

今のところ、そんなつもりはないが状況次第では介護施設の利用を考えなければならない時もくるかもしれない。

そんなとき、対応できる場所がどれだけあるのか?

不安でしかない。

自分の暮らしている自治体にも、箱はあるけど中身がないような施設がある。

今後、増えるだろうな。

介護職はボランティアじゃない。
人数を集めればいいわけじゃない。

精神的にも、身体的にも「タフさ」が求められる。

3Kとか言われて、ネガテブなイメージあるけど、それはウソじゃない。

キツイこともある。
汚いこともある。
くさいときだってある。

給料は低い。

いくら業界がそのイメージを払拭しようとしたって、事実は事実。それを理解したうえでどうだってことじゃない?

3K〜だけど働きたくなる仕事になれると思うよ、俺は。

だけど、いまのままじゃ、誰にもオススメしません。

だけど、必要な仕事なんだよな。



「ある人生」の終着点には安心があってほしいものです。

では、また。