介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

介護職員の高齢者虐待映像を見て思ったこと。

ども、36歳男性介護職員ス。

誰が見ても犯罪ですね。
理由はいらない。暴行です。
逮捕、起訴、裁判確定。
施設も何らかの責任は問われるでしょう。
同じ業界で働くものとして悔しいし、恥ずかしい事件だなと。

もっと命に敬意を払えればよかったのにな。

なんでこんな言い方になってしまうかというと、暴行されたひとの介護度や、状況が分からないから。

正直なところ、施設に入らなければならなくなった人のなかには、社会の一員として暮らしている私たちには理解できない言動をする人がいます。

誤解を恐れずに書くなら、育児より厄介だ。
一晩中、大声を上げるひとや
うんこを食べちゃうひとや
暴言、妄想、被害妄想、
とりあえず殴ってくるひと
いろんなひとがいます。

だからと言って、介護職員の暴力を肯定はしませんが。

わたしは去年、噛みつかれた傷あとが残ってます。破傷風の予防接種があと1回残ってるし。

はじめは理解できないこともあったけど、いまは「そういうものか」と割り切れてる。

まぁ、伝わってるかわからないけど、介護職って精神的にも体力的にもタフな仕事だよ。特に施設系はね。理由はいろいろあるだろうけど、家族や社会で暮らせないひとが集められてる場所だと思ってる。

だからこそ、そこで働くひとはプロフェッショナルでなければならないと思ってる。

だけど、プロフェッショナルに必要な教育や報酬が現場にはないことがほとんどだ。

仕事がキツいだけ。
そんな場面は少なくない。

だからと言って、暴力を肯定するわけではないけど。



では、また。

少し、書き換えました。

わたしはとりあえず、年内でいま働いている施設を辞めるつもりです。
モチベーション保てなくなった。
ここに夢はない。