介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

求めることをあきらめられたなら。

ども、36歳男性介護職員ス。

そろそろ介護福祉士試験(2回目の挑戦)の申し込みを済ませなきゃなと思っています。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

わたしの方はと言いますと、相変わらずこのまま介護業界にいていいものか?と悩んでおります。

やり続ける決定打もないし、辞める決定打もない。キライじゃないけど、スキだと言い切れないそんな状況。守るべき家族があるから気軽に辞めたり、転職したりもできないし…。生活かかってるしね!

なんだか、ふんわりしております。

ふんわりしているんだけど、職場に対しては常に不満を持ちながら仕事をしている感じ。願いが叶うなら辞めたいと思いつつ、そんな雰囲気は表に出さないようにと気遣い勤務している。

不健康だ。

職場に対しての不満は何かというと、『この施設がどうありたいのか』という目標とか、施設を運営している理由とかそういう『幹』にあたる部分が分からないということだ。

そんなの聞けばいいじゃん?となりそうだけど、聞かなきゃ教えてくれないとか、聞かなきゃ分からないとかダメでしょ。と思うのです。

自分の進んでいる道に迷いつつも、いまやっていることに対しては目標を持って取り組みたい。働いている間はプロフェッショナルとしてプライドを持ち、堂々とやりたい。

ただ、個人単位で自分の持つ介護観に従い、施設のなかで働くのは難しい部分もある。

施設の職員であるから、施設の方針には従わなければならないし、介護は個人のスタンドプレーでどうにかできるものでもないし。

野球をひとりでやっているような感覚。
ゴールに向かって走れ!と言われているのに、ゴールが決まっていない感覚。

上司に相談してみるか?

でも、わたしレベルでそう思うなら、既に誰かも感じているのではなかろうか。

やっぱり、転職か?

では、また。