介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

現状維持は前向き?後向き?

ども、36歳男性介護職員ス。

先日までブレていた気持ちがある程度定まりました。わたしが『やらなきゃいけないこと』が家族との暮らしを守ることだというのは既にブログで書きました。

そのために必要なものはズバリ『お金』

現代社会で「お金がない」ということほど不便だったり不安だったりすることはない。

いまは、暮らしに困るほどのことはないけれど、急な大きい出費には耐えられないのが現実。これから子どもが大きくなったり、子どもが増えたり、親が年老いたり、自分も妻も老けていくし、自宅だって改修が必要になってくるだろうし…。

未来に向けて夢や希望はあるけれど、それよりも圧倒的に不安のほうが大きい。

介護の仕事は、『いま』においてやり甲斐はあるが『未来』に向けて夢はないと思う。

先日、地元紙で読んだ記事。
f:id:GOYOUNG:20150724022756j:image
人によっては介護サービスの値上げです。

国は介護報酬改定でそのサービスに対しての報酬を下げました。

自民党政権は、日本をどこに導こうとしているのかわからん。

介護業界に限らず、破滅へのカウントダウンが始まっている気がしてならないのはわたしだけでしょうか?

ちと、おおげさかな?

そんなこんなで昨日、ハローワークへ行って業種を限定せずに求人検索をしてみました。

結果は…
求人自体はあるのですが、資格や経験を問われるものが多く、いまの自分の状態を考えると動けないなぁというところ。

やはり、ケアマネの受験資格を確保するまでは現状維持を余儀無くされる感じですかね。

まぁ、いろんな可能性をあきらめずにやろうと思います。

では、また。