介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

ロボットになりたいと思ってしまうよ。

ども、36歳男性介護職員ス。

最近、仕事の内容が食事介助、排泄介助、入浴介助、移動や移乗など実行動なものばかりで、入所者さんたちの心のケア(なんだか上から目線な言い方ですが…)が不充分だと感じています。

50床に対して1日あたり4〜5人の介護職員だと少ないと思うんだよな。他の施設はどうなんだろう?

もちろん、老健だから看護師もいるし、PTとかOTもいますけど。

人員配置数は足りてるのかもしれないけど、介護のことを考えたら1人の職員がしっかり対応できるのは3人が限度だと思うんだよな。

利用者さんが死なない程度のことしかできてない。

暮らしのことを考えるなんて無理だね。

とりあえず生きてるからいいでしょ?
ってところかな。

なんだか悔しい。


職員数の不足感って、利用者にもその家族にも職員自身にもいい事無い。


最近、体も心も疲れてる感じするし。

ロボットになりたい。

f:id:GOYOUNG:20150703062614j:image

違うか…。
とりあえず、ブーストして夜勤を乗り越えるか。

f:id:GOYOUNG:20150703042543j:image

では、また。