介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

仕事がまわるようにすることが精一杯だった。

ども、36歳男性介護職員ス。

職員不足が常態化していると思われる当施設ですが、経営側はそんなことないと言っている。

ですが、毎日、仕事を終わらせることで精一杯です。

介護職員たちは介護をするというよりは、仕事をすることで手がいっぱい。

入所者のことを考えなきゃいけない本当の意味を考えるヒマもない。

この7月から、わたしが入社したときに比べて、1日あたりの職員数は2名減です。

利用者の気持ちとか暮らしとか、考えていないとは言わないけど、絶対足りてないと思う。

自分なら、家族を預けたくないな。

友達に、一緒に働こうぜって言えない。


介護の仕事をしてますって、プライドを持って話せない。


利用者より、仕事に気持ちを向けなければならない現状。
上司たちはどう考えているんだろう?


困ったな。


では、また。