介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

それでも、わたしが辞めない理由。

ども、36歳男性介護職員ス。

自分に合わないと思いながらも、現在の職場を辞めないのは幾つかの理由による。それらが解決されるような職場が他にもあるか?と探したけれど見つからなかった。

仕事の内容面、給与面では納得いかない部分があるけれど、正直なところ、それを我慢するだけのメリットがわたし自身にあるし(そうなるように努力したけれど)、今後取得したいと考えているケアマネ試験の受験資格のための実務経験期間を確保したいということもある。

ま、その前に去年不合格だった介護福祉士試験に再チャレンジしなきゃいけないけれども。

いま、4年め。
来年の3月になった時点で実務経験期間は5年になる。だから、介護福祉士を取ってケアマネの資格を取る。

そして、被介護者が主役の人生を送れるような暮らしを考えたい。


仕事として介護をやるなら、現場でヒィヒィ吠えててもダメだしね。

仕事のための介護じゃなくて、介護のための仕事を。

『暮らす』ということ。
被介護者だけじゃなく、家族とか、地域とか。
暮らしと介護が別になっちゃダメだと思うんだよな。

では、また。

資格の諸々を調べなきゃ。

※追記
介護福祉士試験の『受験の手引き』を手配しました。

危なかった。

締め切り迫ってますよー。