介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

本当ならば介護ってやつは…

ども、36歳男性介護職員ス。

本当ならば介護ってやつは家族がするもんだ。

わたしはそう思う。

家族のことは家族が責任をもつ。

そういうものなんじゃないか?

わたしの勤める老健という名の特養モドキな施設には、行き場のない老人ばかり。そもそも身寄りがないとか、老々介護の果てだったり、家族はいるけど遠方だったり。

なかには、『この感じじゃ在宅は不可能』と思う場合もあるけれど。

もし、自分の親が要介護状態になったら親の介護を軸に暮らしかたを考える。
たぶん、それが一番。
家族だから


ダメなこともあるけどさ。


その人のことを本当に考えた結果、やり尽くした結果が施設入所であるべきなことは確かだと思う。


最近、帰宅願望の強いひとが入所してきました。

なんで自分の家に帰してくれないの?


わたしには答えがわかりませんでした。


では、また。