介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

仕事と介護の距離は遠くなっていく。

ども、36歳男性介護職員ス。

最近、会社に対して不信感を抱くようなことがありました。

職場では、以前より人員不足感を持っており、いち日の業務を行うための人数確保に頭を悩ませていました。

わたしの入社当時に比べると1日あたり1名少ない。それでも通常業務は回っていくのですが、利用者のことを考えて介護をするならば、その職員1名分の差は大きい。
それに、働く職員はロボットではありませんから、体調を崩して休むこともありますし、生身ですから怪我とまではいかなくとも腰が痛いとか、首が痛いとか不調もあります。

そうなると、介護の質を保てないどころか、通常業務にすら穴が開きかねない。
そんな状態。

その不満のようなものが、ついに一般職員から浸み出して中間層を越え、上層部に届きました。

それを知った運営(経営?)サイドは、会議でこんな発言をしたそうだ。

『人員は足りていますから、そういうことを言うのはやめてください。』と。

現場の状況や、職員の仕事に対する思いを知っての発言ならば、がっかりだ。

ひょっとしたら、規定の人数は揃えてあるのかもしれない。もし、そうだとしても現場から人員不足の声があがったら、無駄はないか?余計な仕事はしてないか?と検証をするべきなんじゃないか?
わたしはそう思う。

どこに原因があるか分からないけど、他に言い方あるんじゃないの?

わたしはそう思う。