介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

これから介護されるであろう私たちがやっておきたいことを考えようぜ。

ども、36歳男性介護職員ス。

『人生の目標はピンピンコロリ』
そう思っていても、備えはしておきたい。自分は介護されるわけ無いとか、認知症になるわけ無いとか思っていませんか?

毎食後、歯を磨いていても虫歯になることはある。

人生とはそういうもの。だと思っています。

だから、病気になってしまわないようにすることはもちろん大切ですが、病気になってしまった後にどうするか。どういう選択肢を残せるか。

かなり大切なポイントだと思う。

その選択肢を残すために必要なものは『お金』。
愛があってもダメ。愛だけじゃダメです。でも、愛がなくてもお金があればなんとかなる。なんとかしてもらえる。現実はそんなものです。

ほかには何をしなければならないかというと、家族と話すことでしょう。


意志の疎通というか確認をしておいたほうがいいと思う。

家に居たい!のか、迷わず施設に放り込め!なのか。
もちろん、程度(介護度)によりますし、住環境や家族構成とかいろんな要素があるけど。
だいたいの方向は揃えておかないと、いざってときに自分以外の人が困るから。


突き詰めて考えると、上記2点だね。

お金の準備をしておくこと
家族と万が一の場合について話すこと

以上。

では、また。