介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

仕事には夢が必要だ。

ども、36歳男性介護職員ス。

いわゆる老健に勤めてます。

現在、4年と2か月が経過しようとしています。ゆくゆくはケアマネージャーの資格を取得して被介護者を抱える家族のために仕事をしたいと考えていますが、前回の介護福祉士試験に失敗し、予定が狂っているところです。

実技免除の講習を受けようと考えましたが、やめました。
前回は実技試験に関し勉強不足だったこと、筆記試験は余裕だったこと、講習の費用を払うのがアホらしいこと、講習の日程に合わせられないことなどが理由です。
まぁ、ちゃんとやれば合格するな、と。


さて、本題。

目標はとりあえずケアマネの仕事をするということになりますが、では、夢はなんだ?というわけです。

仕事における夢。

みなさんはありますか?

わたしの場合、夢というか、『個人にマッチした死に場所のある社会に近づきたいよね』と思っています。

看取り前提で老健に入所とかやめてくれと思っています。

なぜなら、そういう場所じゃない。


きっと、あなたの死ぬ場所はここじゃない。


わたしなら、人生を閉じるところは他がいい。


特養ならいいの?
病院ならいいの?


そういうわけでもないですが。


少し、話がそれたけど、仕事に対するモチベーションを保つには夢が必要だと思うんだよな。

まぁ、仕事における夢を持ちづらい職種ではあるね。

では、また。