介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

介護と仕事。

ども、36歳男性介護職員ス。

 

優先順位はどこだ?

慢性的な人員不足に頭を悩ませているはずの当施設に

新しい職員が入ってきたのは2月のはじめ。

介護の仕事をしてきたキャリアはわたしよりも長いと聞いていた。

 

わぉ!即戦力が入っちゃう!?と

期待していた

 

でも、ハズレた。

 

期待はハズレたのである。

 

もう一度いう。期待はハズレたよ。

 

被介護者に対する対応は、間違っていない。

むしろ、お手本にしたいくらい丁寧。

 

ところが・・・。

 

そんなペースでやっていたら

明日になっちまう。

 

仕事が早いとか、遅いとか

わたしは言わない。

 

でも、時間内に終わるように、考えながら

考えて、行動してほしい。

 

いま、それはやる時じゃない。

終業時間までにやればいいのだよ。

なんなら、明日でもOK!

 

 

今日の仕事を

時間内に終わらせる。

 

そういう考えをもってほしいものだ。

 

介護は24時間。やり続けることは不可能。

介護の仕事は1日、8時間。

 

では、また。