介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

不満と提案を少しずつ。

ども、36歳男性介護職員ス。

夜勤の間は仕事をしながら
いろんなことを考える。
いろんなことと言っても
ほとんどが自分の将来について
これからの暮らしについてだ。

ま、正直なところ収入についてである。
介護業界の給料が低いのは誰もが認める

なぜ、低いのだろう。
ひとが一生を終える場面に必要な仕事なのになぜだ?
3Kと言われるキツイ仕事に属すると言われるのになぜだ?

わたしは公務員並みの給料でもいいんじゃないかと思う。
人手不足なんて、一瞬で解消だ。




…給料がたくさん欲しいなら
そういう業種に転職すれば?って


一応、わたしにも仕事における夢というか目標というか目指すところがあって、その到達地点は、「ひとが自宅で人生を閉じることができる世の中」です。

自分が死ぬとき、介護施設じゃ嫌。

そう思っています。

天災や事故を除いた場合、100歩譲っても病院まで。
介護施設で死ぬなんてまっぴらごめんだね。


さっきも書いたけど、人生をいままでとこれからで分けたくない。

自分はそう思っているし、みんなにもそうであってほしい。


介護はなくならないだろうけど、介護施設で人生を閉じるひとはなくせるんじゃないか?
また、介護が理由で人生を閉じなければならないひともなくせるんじゃないか?

そう思っています。



…方法はこれから考えます(苦笑)

では、また。