介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

費やせる時間だけなんだと思う。

ども、36歳男性介護職員ス。

介護の仕事をしているときは
介護のことを考えようと思っています。
しかし、まぁ
そんな訳にもいかず
仕事以外のことを考えて
イライラ、そわそわ、どきどきわくわく
そんな感じ

やりたいことがたくさんあるのは
いいと言い切れない

そう、思います。

費やせる時間は足りない

介護においてもっとも重要なことは
被介護者に対して、どれだけの時間を
確保できるか
それだけなんじゃないか?と思います。

介護施設でやっていることは
あくまでも仕事であり、純介護じゃない
その人らしさを大切になんて言うけど
そもそも、施設に入った時点で
その人らしさなんて失うと思います。

それまでの人生と、それからの人生

別物だと。


それでも、なんとか限られた範囲のなか
どうにか心地よく過ごしてもらおうと
わたしたち介護の仕事をする者は
頭を悩ませ、体を使って働きますが
仕事であるから、ある程度のタスクは
やりきらなきゃならない。

場合によっては、介護よりも
仕事を優先しなければならない

介護に費やせる時間が足りない。

仕事がうまく回らないと、介護にも
悪影響がでます。
たとえば、あと1人
たったあと1人職員が多ければ
解決できる問題もある。


だけど雇えない。


なんで?


雇えるお金がないからです。たぶん。


だって、会社だから
入ってくるお金が減れば、まず絞らなきゃいけないのは人件費。
介護施設の運営は、どこだってギリギリでしょう?

そんなギリギリの運営にならざるを得ない理由ってなんだろうね。


では、また。