介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

誰のための制度なのか。

ども、36歳男性介護職員ス。

介護福祉士の試験が不合格だったので、次は実技試験免除を受けようと思っています。講習の冊子をもらい、日程の調整に頭を悩ませている。そんな状況です。

さて、この4月から介護保険制度の改定がありました。わたしの知る範囲では、ざっくりと暮らしに負担が増える、介護に負担が増える改悪だと感じています。

ただ、わたしは「いち職員」で制度のことをしっかり勉強しているわけではないし、施設の運営、経営などに関わってもいないので情報に偏りがあるとは思いますが…。


介護を人権を守るための社会保障と考えるならば、これからの暮らしに必要不可欠だと考えるならば、もっと大切にしなければいけない分野でしょう?


政治のためじゃない
財源のためじゃない
得票のためじゃない

では、また。