介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

届いたのは不合格通知。

ども、36歳男性介護職員ス。

残念ながら、介護福祉士の試験には合格していませんでした。実技試験を受け終えたその時から覚悟はしていましたが、実際に不合格通知が届くと悔しいものです。

今回、介護福祉士の試験を受けて分かったことは、筆記試験には筆記試験の、実技試験には実技試験の勉強をしておかなきゃダメだということ。
よく考えれば当たりまえですな。


わたしは、介護福祉士の試験が終わってから、今後の方向性について考えてみました。

結果としては、とりあえずケアマネを目指すことにしました。

細かいことはあとから考えていくとして、どうやら介護福祉士の資格は取得しなければならなさそうです。

社会福祉士の資格についても考えたのですが、現状、取得に向けて養成施設での勉強(通信でも)難しいと考えました。
なんせ忙しいので。時間の確保ができませんから。


自分は介護業界でどう生きて、どう活きていくのか。

少なくともライクワークではある。


困ったことにライスワークにするほどの給与はない。


だから、このままではダメだ。


では、また。

福祉・介護の資格と仕事 やりたい仕事がわかる本

福祉・介護の資格と仕事 やりたい仕事がわかる本