介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

きっかけは何だったの?

ども、36歳男性介護職員ス。

先日の介護福祉士・国家資格試験の実技試験に失敗し、不合格のつもりでいるわたしです。

何かの間違いで合格してたらラッキー。

そんな風に気持ちを切り替えて、仕事は淡々とやっております。

しかし、今回の受験を経て、わたしには本当にその資格が必要なんだろうか?と考えた。


わたしが介護の仕事をすることになった最大の理由は、父の在宅介護を経験したからである。

その介護のほとんどを母が担っていたとはいえ、長男としてそれなりに関わった。
被介護者を抱える家族として困ったことや不満、不安、いらだち、それらとは逆に良かったことなど、様々な経験を活かしたいと思った。
同じように困っていたり、悩んでいたりするひとのチカラになりたいと思った。




…あれ?

これってケアマネージャーとか、社会福祉士とかの仕事だよね?
介護の現場で、対・被介護者の仕事をやりたいってことではないよな?


でも、ケアマネージャーになるには介護福祉士の資格は必要だ。

ん?社会福祉士もケアマネージャーの資格は取れるのか。

俺、4年制の大学を卒業してるけど、社会福祉士の受験資格を得るためには、養成校へ行かなきゃいけないのか。


さて、暮らしとの兼ね合いはどうなんだろう?



どうやら、選択肢はいくつかあるようだ。


まぁ、少なくとも施設で対・被介護者の仕事をしたいわけじゃないな。


気づいてしまったのか、
やっと気づけたのか。


では、また。

福祉・介護の仕事&資格がわかる本

福祉・介護の仕事&資格がわかる本