介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

自分を信じて、己を消す。

ども、36歳男性介護職員ス。

介護福祉士、実技試験会場へむけての列車内での更新ス。

乗り換えもスムーズにこなし、ひと安心。降りる駅は成城学園前
午前の部の皆さんはもう受験しているころでしょう。

わたしは午後から。

自分が行ってきた老健施設での実務が通用しないことは、承知済み。筆記試験の合格が分かってから勉強したことで、自分に変なクセがついていることが判明したから。

だからといって、基本といわれている動作では仕事上、無理がある。

介護方法のための被介護者はいない。
被介護者のための十分な設備、スペース、時間など現場では不足しているし。
まったく同じ被介護者はいないわけだし。そのための基本だというのは分かるけどね。

勉強したことと、現場での実務の間には太平洋より広い開きがある。
やる。と、やろうと思っていた。ほどの開きがある。

本日の実務試験が、体験したことのある範囲での出題だといいなぁ。


自分のやってきたことに自信はあるけど、それを出したらダメな気がします。
己を消して、その時のベストウェイを選んでやらなきゃな。

まずは、声かけから。


では、また。