介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

夜が静かに始まると…

たいてい朝、大騒ぎ。

ども、36歳男性介護職員ス。
本日の夜勤始まりが、スムーズすぎて、利用者さんたちが大人しくて、嫌な予感がしています。

こんな夜が終わりそうになると、みんな一度に動きだす傾向にあるから。

夜勤にあたる介護職員は50床に対して2名。単純に3名の利用者さんがほぼ同時に動き出したらアウトです。

身体的な拘束はしませんが、対応を待ってもらうこともあります。

少しお待ちくださいをスピーチロックだと言うなら、いままで俺たちはどれだけ拘束され、これからどれだけ拘束され続けるのだろうか。

人生において、待つということはある。


少しお待ちくださいを拘束だと言うなら、おまえが夜勤をやりに来い。


正直、そう思う。


働いているコッチが先に潰れるよ。


そんな現場を知らず、給料上げれば働き手が増えるだろうと、介護報酬を引き下げ、手当を増やそうとしている行政は頭沸いてる。

確かに、儲けている法人もあるかもしれないが、すべて一律に対応するのは間違っていると思う。


介護現場で働く人たちの価値を上げてくれ。

介護という仕事の価値を上げてくれ。


国家資格を頑張って取得したり、他の業種に比べれば少ない給料で働いていたりするんだから。

仕事の価値を上げてくれ。

そうすれば、自ずと介護の仕事に魅力が生まれ働き手も増えるだろうし、介護の質も上がるんじゃないかな?


結果として、人の人らしさを死ぬまで持ち続けることができる世の中になるんじゃないかな?


どうだろうか?


では、また。

今度の日曜は介護福祉士試験の実技試験です。

わたしは東京で。
あなたはどこで?


みんなの健闘を祈ってます。