介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

破傷風の予防接種って3回も打つんですね。

ども、35歳男性介護職員ス。

 
今朝、勤務中に利用者さんに上腕の内側を噛みつかれ、皮膚がむけ、血が滲んだ。
喰いちぎられなくてよかったぜ。わたしよりも同僚たちのほうが痛がってたし、怒ってたな。怒ったって噛んだ本人は、いまごろそんなこと覚えちゃいない。
利用者の安全を守るという目的で行ったことが、本人にとっては不快で、予想以上の抵抗にあうことなんて日常です。
この仕事をやっているのだから、それは分かっていたけど。
やっぱり殴られたり、蹴られたり、噛まれるのはイヤだ。
 

やられたわたしのキズは痛い。

1か月後と1年後に破傷風の予防注射を打つ必要があるそうです。
ということは、少なくとも1年後までは「噛みつかれ事件」をわたしは確実に覚えていることになるね。キズの痛さを思い出すだろうなぁ。
 
 
その人の家族は、
そんな人どうなってもいいと言う。
もう家族じゃないとまで言う。
 
どんな方法を使っても構わないから家に帰してくれるなと。
ベッドに縛り付ければいいのでは?と。
鎮静剤など薬はありませんか?と。
 
 
わたしは噛まれ損だし、とても悲しくなった。
 
 
介護は、辛い仕事だ。
 
 
みんな、介護の仕事なんてやるもんじゃないよ。
 
キツイ、ときには汚い&臭い、だいたい給料安い
介護は家事の延長だと思っていやがる政治家が
介護をやったこともないような財源の心配しかできない政治家が
国民の暮らしを知らないような政治家が作った
 
介護保険なんてもう破綻しているじゃねぇか。
 
 
 
でもオレは
介護の仕事
好きでやってるけどな。
 
 
バカには負けてやらない

 

認知症―専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)

認知症―専門医が語る診断・治療・ケア (中公新書)