介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

本来の在るべき姿とはなんだろう。

ども、35歳男性介護職員ス。

ただいま夜勤の休憩中です。
f:id:GOYOUNG:20141017232845j:plain
ちょっと目についたんで、気になった記事を読んでみました。

こういう機関誌に書いてある記事は、素晴らしいものばかりだし、納得のいくものが多い。同じ業界で働く者として羨ましく思います。こんな志しを持っている人たちと働きたいなぁと。やっぱり紙面に載るだけあってみなさんプロフェッショナルですな。

自分の勤める老健は、そういうニオイはしません。悲しいかな、この機関誌を読んで確信しました。ここ最近のモヤモヤは晴れた気がします。

やはり目指すものはハッキリしてなきゃダメだ。日々の仕事をこなすことで精一杯の環境ではやりがいなんて生まれるわけない。そう思う。
そう考えたときに当施設に足りないものは何か?当施設の問題点は何か?

老健なのに看取りを前提とした利用者の受け入れがあるということ。
おかしいよね。在宅復帰を目指す場所でしょ?

・リハビリに重点を置いたケアが行われなければいけないはずだが、そもそも在宅復帰を目指している利用者や家族がいないこと。
なんじゃそりゃ。

・どういう施設にしたいか、どういう介護を提供したいかという目的があやふやなこと。ハコはあるけど中身がないというか、何を入れたらいいのかわからない。そんな気分。

・利用者の減少している現状で、ある意味、老健としての在り方を考えて立て直すチャンスなのに運営側からのアナウンスが、「経費の削減をしましょう」ってこと。

その他、疑問に思うこととか間違っているんじゃないかと思うことはたくさんあるけど、なんだか悲しくなってきた。
俺のやりたいことってここには無いじゃん。老健の看板降ろして方向転換して欲しい。


それに加えて感じるのは、家族の介護力の低さだ。家で介護ができないというのは仕方ない。家族構成、家の作り、家族関係、金銭、近隣とのかかわり……。本当にいろんな理由がある。

家で介護するって大変だから。
自分も在宅介護の経験者だから、大変さはよくわかるつもり。でも、家族に対する気持ちだけは諦めちゃいけないと思う。介護って最後はやっぱり家族だろう。実際にはできなくても、考えるのをやめるな。それが介護業界の最後の砦になる。

なんだかよく分からなくなってきたな。


後で書き直そう。

後ほど加筆予定です。

では、また。

これならわかる<スッキリ図解>介護保険 2015年速報版

これならわかる<スッキリ図解>介護保険 2015年速報版

崩壊する介護現場 (ベスト新書)

崩壊する介護現場 (ベスト新書)