介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

ちょっとしたジレンマのようなもの

ども、35歳男性介護職員ス。

わたしが勤める老健では、入所者が減っています。本来は喜ぶべきことなのかもしれません。なぜなら、老健は病院から自宅への中間に位置していると思っているからです。『暮らす』ということに焦点を合わせるならば、老健は適さないと考えています。"病気が、病気と呼ぶことに適さなくなったけど、『暮らす』にはしんどい"そんな人たちの仮住まいだと思います。病院とか今まで住んでいたところと、「これから」の接点。
だから、入所者が減っているということは『暮らす』ことができている人が多いと。

でも、ここで働いて収入を得ているわたしとしては入所者が減って、経営が傾いたり、入所者の減少により労働条件や労働環境が現状より悪くなりはしないかとヒヤヒヤしています。

それなら、違う職場や違う職種へ行けばいいのでは?とも思いますが、そうじゃないとも思うんです。

うーむ。


むむむ。