介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

最近、よく考えるのは俺がやりたい介護はこうじゃないってことだ。

ども、35歳男性介護職員ス。

 現在、介護業界で働くようになって3年と6カ月、資格としてはヘルパー2級で今年度の介護福祉士試験を受験予定。

 いまは、というより始めから同じ施設で働き続けていて、最近すごく疑問に思っていることがある。というか、「納得できない」に近いかな。
なんだか納得できない感じ、これってなんだ?


わたしが勤めているのは介護老人保健施設で、基本的に病院と自宅などの中間に位置している。病気やケガは治ったけれど、自宅などに戻って生活することは難しい人たちが一時的に暮らす場所。帰宅を目指して日々を過ごす場所。そう理解している。
しかし、実際はココでの看取りを、家族が希望するケースが多く、利用者の体調が崩れても病院への搬送や、積極的な治療は望まない家族が多い現状。

それなのに老健

時々、虚しくなることがある。

老健が「終の住処」になっていることを悲しく思う。
少なくともわたしの働くココはそういうための介護はできない。人生を終えることに敬意を払うことが充分にできない。たぶんそのつもりを運営側は持っていない。

だから、日々のタスクを済ませるだけの人数しか雇用していない。
職員に余裕がないから最低限のことしかできないし、イレギュラーなことが起きるとバタバタして介護というより作業になる。

利用者への配慮が足りなくなる。

もし、わたしが介護される側だったら嫌だなぁ、と。
サービスできてないなぁ、と。

そういうことに対しての職員どうしのミーティングとか、OJT?とか積極的にやるべきなんじゃないかと思う。もちろん、業務時間内にね。それだって仕事だから。


そうか、ここにはプロ意識が無いんだなぁ。
少なくともわたしが思うプロ意識は無い。



やる気がわいてこない。



ちょっと疲れたかも。