介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

困ったこと

腰痛とはお付き合いが続いている。

ども、36歳まだ介護職員ス。介護職員に限ったことではないけれど、腰痛に悩まされている人は多いと思いますが、どうですか?わたしの場合、整形外科に行っても、外科的な異常はありませんと言われるばかりです。内科の検査もしたけれど、異常は見られず、ま…

電池とモーター、そして歯車。

ども、36歳まだ介護職員ス。退職することを決めたわたしですが、会社との話し合いの結果、退職日は5か月後となっています。のんびり有給を消化しつつ、次どうするかを考えればいいやと思っていたけど、どうやらそうもいかない感じになって来た。わたしの電池…

介護職員は人材不足!?

被災地に限らず、『介護職の担い手は足りない』 「そういう情報」ばかりが入ってくる。 わたしには、介護職員の適正人数とやらがどれくらいなのかは知らないけれど、 このまま不足感が続くならば、いま介護の仕事をしているひともココロが折れる前にカラダが…

ひとには限界がある。

ども、36歳男性介護職員ス。相変わらず、人員不足感を拭えない職場で働いています。運営サイドは現場の状況を把握していないんじゃないか?と思う。ひとが足りないと言っても、規定の人数は揃えてますの一点張り。10の仕事ができる人と、3の仕事しかできない…

ストレスという名の悪魔。

ども、36歳男性介護職員ス。一昨日の夜、妻が倒れた。救急車で運ばれて、CTやMRIで頭部の検査をしたが異常はなく、翌日には歩行もできたし退院も決まっている。一時はどうなることかと思った。ひと安心したけど、倒れた原因がはっきりしないからモヤモヤして…

仕事がまわるようにすることが精一杯だった。

ども、36歳男性介護職員ス。職員不足が常態化していると思われる当施設ですが、経営側はそんなことないと言っている。ですが、毎日、仕事を終わらせることで精一杯です。介護職員たちは介護をするというよりは、仕事をすることで手がいっぱい。入所者のこと…

昼までには自宅に帰りたい。

ども、36歳男性介護職員ス。今日の夜勤もあと少し。もうすぐ忙しい朝がくる。定時は9:30だけど、どうしても9:30には帰れない仕事がある。通常業務以外と思われるタスクを会社の指示で仕事として増やすなら、潔く時間外の給与を払って、それをやるための時間…

病床数を減らして医療費削減?

介護給付費が増えるよね?ども、36歳男性介護職員ス。先日、新聞で「病院のベッド数を減らす方向にある」ことを知りました。単純に入院患者は減るけれど、今まで入院していたレベルの人たちが、自宅や施設などでの対応となる可能性が高いよね。それって介護…

仕事と介護の距離は遠くなっていく。

ども、36歳男性介護職員ス。最近、会社に対して不信感を抱くようなことがありました。職場では、以前より人員不足感を持っており、いち日の業務を行うための人数確保に頭を悩ませていました。わたしの入社当時に比べると1日あたり1名少ない。それでも通常業…

介護と仕事。

ども、36歳男性介護職員ス。 優先順位はどこだ? 慢性的な人員不足に頭を悩ませているはずの当施設に 新しい職員が入ってきたのは2月のはじめ。 介護の仕事をしてきたキャリアはわたしよりも長いと聞いていた。 わぉ!即戦力が入っちゃう!?と 期待していた …

費やせる時間だけなんだと思う。

ども、36歳男性介護職員ス。介護の仕事をしているときは介護のことを考えようと思っています。しかし、まぁそんな訳にもいかず仕事以外のことを考えてイライラ、そわそわ、どきどきわくわくそんな感じやりたいことがたくさんあるのはいいと言い切れないそう…

コリャあかんわ。

ども、36歳男性介護職員ス。先ほど介護福祉士試験の実技試験が終わりました。で、結果としては不合格だと思います。あの感じで合格してたら、採点基準オカシイわ(笑)敗因。1、介護する状況が未体験ゾーンのものだった。被介護者役の人があんなに自主性が無い…

介護福祉士試験まで、あと20日。

ども、35歳男性介護職員ス。 勉強くらいはスケジュールの通りに進んでくれるといいのに… そう願って止まない日々です。 まぁ、やるのはわたしなんで、願ってないでテキスト開け! そう思います。 いま、わたしの中の最優先事項なハズですが、気分のらないん…