介護業界で生きていきたいような気がしていた男のブログ。

32歳の3月に介護業界に飛び込んだ男のブログです。これからの人生をどうするべ?と思っている最中。迷っているような、いないような。    37歳の3月に介護業界を離れます。

介護

川崎の老人ホーム殺人事件にはやっぱり犯人がいた。

ども、37歳まだ介護職員ス。 と言ってもそれは立場上だけで、有給中なので2週間くらい働いていません。そろそろ、軽い運動などを始めなければ健康に悪いかな?と思っています。なんだかカラダの動きが悪くなってきているような気がして、Tarzan(ターザン)を…

自分の老後が心配。

ども、37歳まだ介護職員ス。介護職を辞めることに決めたからこそ、しっかりと仕事をしたいと思っているこの頃ですが、日々の『業務と言う名の作業』に追われてしまい、せめて利用者さんたちが怪我とか事故とかをしないようにするのが精一杯な毎日を送ってい…

最後は、どうか幸せな記憶を。

インターネットで調べものをしている時、偶然目にとまったフレーズがあまりにも切なくて仕方ない。ども、36歳まだ介護職員ス。人の死っていろんなかたちがあると思うけど、殺人や事故は避けねばならないと思う。とくに殺人。戦争とかテロは、すぐにやめても…

介護の日ですって!

ども、36歳まだ介護職員ス。11月11日は介護の日。たぶん、ポッキーの日だと思っている人のほうが多いだろう。わたしとしては、介護をする側の人にとっては毎日が介護の日だから、「日」を決めて欲しくないなぁと思います。だって、毎日のことじゃん。もし、…

これからのことを考えると憂うつ。

ども、36歳まだ介護職員ス。わたしはいわゆる無党派層です。とは言え、選挙権を得てから共産党以外に投票したことはありません。なぜなら、その他からは暮らしの匂いがしないからです。かと言って共産党員ではない。消去法でやると、そうなっちゃう。とりあ…

介護職員という立場から考える。

ども、36歳まだ介護職員ス。最近、考えていることがあります。介護職員の待遇、悪すぎるでしょ?公務員より良くないと、こんな聖人みたいな仕事を求められるのおかしいよ。殴られたり、暴言吐かれたりすることあるんだぜ?うんことかしょんべん撒き散らすひ…

ご飯が食べられなくなったら死ぬときなのか?

ども、36歳まだ介護職員ス。ご飯を食べられなくなったら、それは死ぬときなのでしょうか。そんな時は死ぬべきなのでしょうか。わたしの父は、48歳の時に脳内出血により経口摂取による食事ができなくなり、胃ろうを作りました。その後、腸ろう、中心静脈栄養…

さて、これからどうしよう。

ども、36歳男性介護職員ス。先日、退職の意思を会社に伝えました。退職という選択に至った理由を話し、実際に退職する時期の調整をしました。早ければ、次の給料締めでの退職を考えてはいたのですが、話し合いの結果、思いのほか先になった。しかし、自分自…

なぁ、オレ仕事辞めるわ。

ども、36歳男性介護職員ス。おれ介護職員を辞めます。そのまま、介護業界を離れるかもしれないけど、それもまた良し。少なくとも、いまの現状より悪くなることはないだろう。やはり、夢の無いところで働き続けるのは疲れる。自分がダメになるまえにお先に失…

介護職員は人材不足!?

被災地に限らず、『介護職の担い手は足りない』 「そういう情報」ばかりが入ってくる。 わたしには、介護職員の適正人数とやらがどれくらいなのかは知らないけれど、 このまま不足感が続くならば、いま介護の仕事をしているひともココロが折れる前にカラダが…

求めることをあきらめられたなら。

ども、36歳男性介護職員ス。そろそろ介護福祉士試験(2回目の挑戦)の申し込みを済ませなきゃなと思っています。みなさまいかがお過ごしでしょうか?わたしの方はと言いますと、相変わらずこのまま介護業界にいていいものか?と悩んでおります。やり続ける決定…

ひとには限界がある。

ども、36歳男性介護職員ス。相変わらず、人員不足感を拭えない職場で働いています。運営サイドは現場の状況を把握していないんじゃないか?と思う。ひとが足りないと言っても、規定の人数は揃えてますの一点張り。10の仕事ができる人と、3の仕事しかできない…

介護の仕事は3K〜5Kなの?

ども、36歳男性介護職員ス。いち介護職員のままではダメだということばかり考えていると、嫌なことばかりに気がつくようになるけれど、嫌なことを『嫌ではない状態』へ持っていくにはどうするか?と前向きな方向へ気持ちだけでも無理やりシフトさせようとし…

現状維持は前向き?後向き?

ども、36歳男性介護職員ス。先日までブレていた気持ちがある程度定まりました。わたしが『やらなきゃいけないこと』が家族との暮らしを守ることだというのは既にブログで書きました。そのために必要なものはズバリ『お金』現代社会で「お金がない」というこ…

気持ちがブレて仕方ない。

ども、36歳男性介護職員ス。いま働いている施設はもう辞めようとか、もう少し頑張ってみようとか、そもそも介護の仕事をしている必要はあるのか?とか、俺は何がしたいんだろう?とか、そういう考えが頭の中で駆け巡っています。わたしがやりたいこと、やる…

ロボットになりたいと思ってしまうよ。

ども、36歳男性介護職員ス。最近、仕事の内容が食事介助、排泄介助、入浴介助、移動や移乗など実行動なものばかりで、入所者さんたちの心のケア(なんだか上から目線な言い方ですが…)が不充分だと感じています。50床に対して1日あたり4〜5人の介護職員だと少…

仕事がまわるようにすることが精一杯だった。

ども、36歳男性介護職員ス。職員不足が常態化していると思われる当施設ですが、経営側はそんなことないと言っている。ですが、毎日、仕事を終わらせることで精一杯です。介護職員たちは介護をするというよりは、仕事をすることで手がいっぱい。入所者のこと…

それでも、わたしが辞めない理由。

ども、36歳男性介護職員ス。自分に合わないと思いながらも、現在の職場を辞めないのは幾つかの理由による。それらが解決されるような職場が他にもあるか?と探したけれど見つからなかった。仕事の内容面、給与面では納得いかない部分があるけれど、正直なと…

本当の目的地へ進めないから

ども、36歳男性介護職員ス。やはり、わたしには現在働いている施設で勤務を続けることはできない。そんな結論を出しました。理由老健なのに看取りが前提となっている利用者がほとんどであること。もしくは、自宅やその他に帰れる条件が無茶なこと。そんな利…

昼までには自宅に帰りたい。

ども、36歳男性介護職員ス。今日の夜勤もあと少し。もうすぐ忙しい朝がくる。定時は9:30だけど、どうしても9:30には帰れない仕事がある。通常業務以外と思われるタスクを会社の指示で仕事として増やすなら、潔く時間外の給与を払って、それをやるための時間…

七夕の短冊に何を願う?

ども、36歳男性介護職員ス。たぶん、どこの介護施設も同じようなことをやっているのでは?と思っているのですが…介護施設ってやつは、年中行事がある。正月、節分、ひな祭り、端午の節句、など…。季節の行事はまずあるね。というわけで、弊施設の次の行事は…

病床数を減らして医療費削減?

介護給付費が増えるよね?ども、36歳男性介護職員ス。先日、新聞で「病院のベッド数を減らす方向にある」ことを知りました。単純に入院患者は減るけれど、今まで入院していたレベルの人たちが、自宅や施設などでの対応となる可能性が高いよね。それって介護…

本当ならば介護ってやつは…

ども、36歳男性介護職員ス。本当ならば介護ってやつは家族がするもんだ。わたしはそう思う。家族のことは家族が責任をもつ。そういうものなんじゃないか?わたしの勤める老健という名の特養モドキな施設には、行き場のない老人ばかり。そもそも身寄りがない…

仕事と介護の距離は遠くなっていく。

ども、36歳男性介護職員ス。最近、会社に対して不信感を抱くようなことがありました。職場では、以前より人員不足感を持っており、いち日の業務を行うための人数確保に頭を悩ませていました。わたしの入社当時に比べると1日あたり1名少ない。それでも通常業…

処遇改善などされてはいない

ども、36歳男性介護職員ス。5月末に支給された給与も特に変化はありませんでした。けっこう期待してたのにな。わたしが働いているところでは、入社当時(4年程まえ)に比べ、1日あたりの介護職員数は減っています。被介護者の介護度は上がっている。物価も上が…

これから介護されるであろう私たちがやっておきたいことを考えようぜ。

ども、36歳男性介護職員ス。『人生の目標はピンピンコロリ』そう思っていても、備えはしておきたい。自分は介護されるわけ無いとか、認知症になるわけ無いとか思っていませんか?毎食後、歯を磨いていても虫歯になることはある。人生とはそういうもの。だと…

ホンライノスガタ。

ども、36歳男性介護職員ス。わたしが現在、介護老人保健施設に勤めていることは、度々このブログに書いています。そして老健としての役割を果たすことが難しい現状にあるということも過去に記事にしました。わたしも老人保健施設は、老人ホームではないと思…

カラダメンテナンス。

ども、36歳男性介護職員ス。鍼灸院へ行ってきました。昨夜、その気になったら行ってみたくてたまらなくなり、夜勤明けですぐに最寄りの店舗をインターネットで検索して、予約。まずは簡単にカウンセリングを受け、人生初の鍼を開始。始めはやっぱり恐怖心が…

あるひとつの解決策を知ってる。

ども、36歳男性介護職員ス。あと5万円、給料が上がれば一般企業と給与水準が同じくらいになれば、介護職員は心と身体にゆとりが持てるよ。きっと、介護の仕事をするひとも増えるよ。介護職員が自分のケアもできるよ。では、また。介護の仕事は必要でしょう?

仕事には夢が必要だ。

ども、36歳男性介護職員ス。いわゆる老健に勤めてます。現在、4年と2か月が経過しようとしています。ゆくゆくはケアマネージャーの資格を取得して被介護者を抱える家族のために仕事をしたいと考えていますが、前回の介護福祉士試験に失敗し、予定が狂ってい…